価格についての考え方や目安等をご説明します。
業界平均よりも高額です

価格設定に関する弊社の基本的なポリシーは、「多くの企業に手の届く範囲内の価格設定でコストパフォーマンスを最高にする」です。

弊社では極端に安い価格設定では良い仕事をすることはできないと考えています。価格が安すぎると、充分に考えて、充分に手間暇をかけて良いものを制作をすることができません。その結果として、品質も悪くなり、成果も上がりません。作っただけで終わってしまいますので、価格の絶対値は安くても投資としての費用対効果が悪いのです。

従って、良い仕事をするための前提条件として、業界平均と比較すれば、やや高めの価格設定になっています。この点をご理解いただきたく思います。もし、価格だけで発注先を決めるのでしたら、弊社よりも価格が安い制作会社はいくらでもありますので、ほかをお探しいただいた方が良いかと思います。

一方で、作り手側の無意味なこだわり等によって膨大な時間をかけたり、それによって極端に高額な価格設定をすることも、弊社のポリシーとは異なります。

以上のことから「多くの企業に手の届く範囲内の価格設定でコストパフォーマンスを最高にする」が私たちの考え方となっています。

いくらでどのくらいのものが作れますか

もちろん、ケース・バイ・ケースで個別にお見積をすることになりますが、過去の実績としては20万円~600万円くらいの範囲で受注実績があります。例えば、新設法人の立ち上げ等で最低限の枚数で奇麗につくりたいということでしたら、制作のみ(原稿全支給、コンサルティングなし)で20万円前後から可能です。15ページ程度の小規模ホームページでコンサルティングありの場合で50万円程度~、さらに原稿執筆の代行もありの場合で60万円程度~となります。上場企業様やそのグループ会社様などで、30~40ページ程度の中規模ホームページをフルサービスで制作する場合、おおよその目安は150万円~250万円程度となります。それ以上の金額のケースには、ページ数100ページ超の大規模サイト、あるいは大規模なシステム開発を伴うケースなどがあります。

もちろん、制作規模に関わらず、同じ品質で仕事をしています。上場企業、有名企業、そのグループ会社等も実績が多数ありますので、新設法人様向け小規模ホームページの場合でも、一流企業レベルの品質のホームページとなります。

お見積の4大要素

弊社のお見積では、ほとんどの場合次の4つが大きな要素となります。

デザイン・制作費
トップページ単価+一般ページ単価×ページ数
コンサルティング費
コンサルティングの有無と、プロジェクト規模によって変わります。オプションですので、コンサルティング不要であれば、費用ゼロになります。
取材・原稿執筆費

原稿執筆単価×執筆ページ数

トップページ、会社概要、お問い合わせのページ等は原稿執筆費用不要です。既存の資料等から抜粋、再構成、リライト等を行う場合は原稿費用が必要です。

オプションですので、貴社より原稿全支給であれば、費用ゼロになります。

システム開発費
「しくみ」の部分の費用。例えば、「お問い合わせフォームからメールを送信するしくみ」など。料金表になっているものと、個別見積のものがあります。

これらの要素を考慮して、料金表を見ていただきますと、多くの場合概算金額がわかるようになっています。オンライン自動見積もありますので、こちらもご利用ください。

上記は初期制作物の納品までの費用ですので、納品後のメンテナンスやサーバ管理等はご希望に応じて別途お見積となります(必須ではありません)。そのほか、弊社以外にレンタルサーバ費用、ドメイン費用、SSL証明書費用(必要な場合)等がかかります。

  • サービスのご案内
  • コンサルティング
  • ホームページ制作
  • クチコミサイト制作・販促
  • その他のサービス
  • マッターホルンの考え方
  • マッターホルンの特徴
  • お取引をお考えのお客様へ
  • よくあるご質問
  • 実績のご案内
  • 制作実績
  • プロジェクト事例
  • 成功事例
  • 料金とお見積
  • 料金表
  • 弊社の価格設定について
  • お見積例
  • オンライン自動見積